なかなか着る機会がない着物を着るときに気を付けていること

なかなか着る機会がない着物を着るときに気を付けていること

普段はなかなか着ることがない着物ですが、せっかく日本人に産まれたんだから、と着物を着た方がマナーに合っている時は着物を着るようにしています。友人の結婚式や姉の結婚式、子どもの入園式など機会を見つけては着物を着ています。着物を着ると自分の姿勢が悪かったり、歩きかたが悪いとかなり不恰好に見えるので、最低でもこれだけは気を付けたいと思っていることがあります。
まず、髪型です。着付けや着物のレンタルをすると結構なお金がかかってしまうので、ヘアセットは自分でやろうかな、と思う人もいるかもしれませんが、着物を着ているのにヘアスタイルがきちんとしていないとかなり不恰好になってしまいます。せっかく着物を着るのですから、ヘアスタイルにも気を遣わないと逆におかしくなってしまいます。
次に歩き方です。私は普段結構がに股になってしまっているのですが、着物でがに股は本当に不恰好です。一気に相撲取りのような風格になってしまうので、絶対に着物を着ている時はがに股にはならないようにしましょう。また立っているだけの時も足を少し内側に向けるように心掛けています。
最後に姿勢です。着物を着て猫背になってしまうと洋服の時よりも目立ってしまいます。背を少し後ろにそらすくらいの感覚でとにかく姿勢に気をつけましょう。