脱いだ着物のしまい方

脱いだ着物のしまい方

着物は丁寧に扱えば子供や孫にまで伝える事ができます。それには正しいお手入れの方法を知っておくことが大切です。
まず着物を着用した後ですが、すぐに畳むのは厳禁です。着用したすぐ後は人間の体から出た水分がこもって湿気を帯びている状態です。湿気がついたまま畳んでしまうと、カビなどの原因となるのでまずは着物をかけておいて湿気を飛ばすことが大切です。
かける時には必ず着物用のハンガーを利用します。洋服用のハンガーにかけてしまうと、袖の部分などに縦ジワがついてしまうので注意しましょう。
乾かした後は畳んでたとう紙に包みしまいます。着物を購入した時にはたとう紙の他に薄紙に包まれていますが、この薄紙には虫が好む糊分が含まれているので使用しないほうが良いでしょう。
しまう時に余り袖を通さない着物の場合は折り目部分に和紙をはさみこんでおくと着物に折り目がつくのを防げます。またたとえ袖を通さなくても年に2回程度は虫干しすると着物の寿命を長くできます。
しまう場所は桐のタンスなど湿気を吸い取ってくれる素材のタンスが最適です。桐のタンスは虫がつきにくいという特徴もあり、特に上部は湿気が少ないため大切な着物を傷めず保存できます。